CASE_003 お風呂・トイレのバリアフリー化

お風呂・トイレをリフォームし、バリアフリーにしました。

BEFORE

AFTER


段差を無くし手摺りをつけ、おばあちゃんにとって危険がなく快適な浴室になりました。

施工の様子

浴室の解体です。浴室の柱・床下にシロアリ被害が確認されました。

シロアリ被害のあった柱を補強しています。

トイレは解体し、土間を掘り下げます。

浴室の土間打ちと窓加工の様子です。

トイレの土間に換気口を設置します。

トイレ、洗面所ともに、クロス張りにするためにベニヤ板を張ります。継ぎ目をなくすためのパテ埋めをした後クロスを貼ります。トイレの床には耐水性と弾力性にすぐれたクッションフロアという床材を貼ります。

給湯機を交換しています。

それぞれ機器を搬入し、ドアも新しいものに交換しました。
和室と廊下の壁もベニヤ板を貼る下処理をしたあと、土壁からクロス張りにリフォームしました。

施工概要

物件住所 滋賀県栗東市 Y様邸
施主様の要望 おばあちゃんが楽にお風呂・トイレに行けるようにバリアフリーにして欲しい。
おばあちゃんの動線を考えて手摺りを充実させてほしい。
施工ポイント
  • ケアマネの方に指導頂き手摺りの位置を決めました。
  • 浴室は浴室乾燥機付きのユニットバスに。
  • トイレは従来の土間を掘り下げ空気が流れるように換気口を設置しました。
  • 廊下・和室の壁は聚楽壁(土壁)の為、一部が欠落していましたのでクロス貼りに変更しました。
施工担当者より おばあ様が要介護の方だったので介護保険を申請しリフォーム代金の一部としました。

<< 施工例 一覧に戻る

リフォーム事業

不動産業務

害虫駆除

資産活用